お見合い婚活パーティー東京夢企画

東京夢企画
 

TOP初めての方へスケジュールご予約確認確認の意義*業界の動向(2007/9月)

 

この項目では、パーティー業界の動向を分析いたします。

 

【バーチャルを最大活用】

『個人情報は教えたくない』このことは分かります。

でもどうでしょう。
知り合った彼・彼女がどこの誰か、
本当の名前も分からない、

さらにキケンなのは→二人っきりになることです。
身分証をしっかり照合をしない出会いでは、
何かあったら、相手の手がかりすらわかりません。

これでは警察も相手にしてくれません。

最悪の事態になったら、とても自己責任で済まされないことです。
常に傷つくのは弱者≠ナす。

※実はこのことを一番知っているのがパーティー業者です。なのに徹底して身分証の照合を行わないのです。

【なぜしないのか?】
その理由は? そこに全ての問題が凝縮されているのです。

答えは、参加者の安全より→利益を優先しているからです。

東京夢企画は考えます、 出会いをビジネスにするに当たって最低限のモラルは、集客&売上げの前に、安心&安全を最優先に。

東京夢企画は大手業者に参加者保護を積極的に取り上げるように働きかけて、しっかり身分証確認しているパーティー会社を参加者が区別出来るようにすることが重要である。

東京夢企画は考えます。
お見合いパーティーが 社会的に信用されていないので有れば、真正面から取り組み危険性と取り組みと説きそこに世間が可能性を感じ、必要と実感した時こそ
我々のビジネスが初めて世の中に受け入れた=存在意義が生じた瞬間、スタートの瞬間だと。

だが、それを力技で可能になってしまった、ウラ技的カラクリに迫ります。

 

【バーチャルをリアルに融合】

みなさんが、お見合いパーティーに参加するときの決めては何でしょうか?

安心出来る?、この会社で大丈夫なのか!(ここまではOKです。)

安心の決めてはどこですか?

最大級の動員!日本最大!・有名タレントを使っている!サイトがファッショナブル♪

以上でが殆どでしょう、おそらく70%〜80%はこれで決まり。

検索エンジンで1位・2位

これで、ほぼ決まりでしょう。

これが、業者の思惑通りの【バーチャルをリアル】するるマジック。
web上での膨大な宣伝&イメージキャラクター・タレントを起用することで、結果参加者が集まる。

これにより>ビジネスモデルを確立。
バーチャルによるブランディングをバーチャルで確立させた。

これらは資金力さえ有れば可能です。
言い換えれば資金力がなければどんなに素晴らしい志を持った会社が有ったとしてもスポンサーが付かないと不可能。
又社会的信用が確立されてない原状は更なる資金力とそれを維持しなければなりません。

それを可能にするには
さらなる拡大&収益UPです。

皮肉にも、この状態こそが産業障壁≠ニなり
莫大な宣伝費を出費できる一部の業者の寡占状態を維持させ既得損益的な状況になってしまっている。

理由1:現在ほとんどのお見合いパーティー業者は身分証の確認をしていないか、ゆるい。
この最大の理由は『規制』がないからがあげられます。

これに対し東京夢企画は、経済産業省に人口・少子高齢化問題にプラスの可能性をもつ出会い産業≠ノ『厳しい規制』を制定するように再三再四申し出ていますが、規制緩和のおり実現しておりません。(担当者いわく、自分も含め規制してくれは初めてのケース、当然同業者でそのようなことを申し出てきているところはない。)

理由2:集客の減少&収益の悪化。業界大規模の集客力を自負しているある業者は、身分証の確認がないことをウリにしています、またそこへ参加するには偽名どころか名前を言う必要が御座いません『田中以下2名』などでOK。その事業形態で確実な身分証確認を始めたら、ウリがなくなり&事務処理が膨大なこととなり収益を圧迫いたします。
残念なことに、お客様の安全&安心より自社の集客&利益を最優先している実情が見えてきます。

理由3:同じ経営者の観念から言えば、何人誰がいくらで参加したかを把握できない、少なくても誰がいくらで≠ェ抜けることが問題です。誰が参加したかの痕跡も初めからない。このことは収入の操作が容易で過少申告を誘発する最大の要因。

以上の理由は、身分証確認をすることでビジネスモデル℃ゥ体を変更せざるを得ないことを物語っています。そこで登場したのが見せ掛けの確認
過去は無視・すり替え
早く言えばパフォーマンスです。何のデーターもない所で身分証を確認しているだけで、何かあったらその受付スタッフの記憶のみ、実際は気休め程度。目的は自分のところは身分証確認をしていますよ的なアピールです。
東京夢企画では照合♀m認。あらかじめ聞いていたデーターと照らし合わせることが確認といえこれを実施しています。
クラブ等で未成年者入店防止の生年月日のチェックとは違い、データが残らないチェックは意味が御座いません。その事を犯罪者はチェックします。
賢い参加者は、業者の細かいパフォーマンスに惑わされることなく業者の資質を水いてください。

効率&利益追求だけでは未来は切り開けない
大規模にお見合いパーティーをしている会社の殆どはリスクを犯し新企画にトライせず、他社で当たっている企画をリサーチし合わせてくる。
確かに、確実に利益が出るしリスクがなく効率がよいが、そのことを分かっていてもアイデアが出ない業者が大手とは残念ながらまだ先は知れています。

参加者の賢いご判断が業界全体を変えてゆくのです。弊社も微弱ながら努力いたします♪

 

【信用・実績をバーチャルに展開】

東京夢企画の場合、
毎回毎回の電話番号の確認・公的身分証による名前の確認&照合∴緕t系では公的身分証&参加資格証をコピーと業界最高峰の厳しいチェックにより犯罪心理的にも自分のデーターが残る・個人データーを言うことは絶大な予防効果となります、最悪問題が起きても個人の特定が容易(偽造の場合は別)です。
※個人データは個人情報保護法により守られます。※残念ながら身分証の確認&照合=安全を保証するものでは御座いません。

TOP初めての方へスケジュールご予約確認確認の意義*業界の動向(2007/9月)